• ORGANIC STORYオリジナルジュースデビュー
  • 夏商品 特集
  • シャープなキレ
    爽やかで心地いい

  • 酵素のあらい粉で
    すっきり優しく洗う

  • これ1本で万能
    素材に混ぜるだけ

  • 防虫スプレー
    リフレッシュにも

  • ORGANIC STORY アプリ リリース
 

ORGANIC STORY > 食品 > 飲料 > 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P

大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P
大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P 大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P

善光園

大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた) ティーバッグ 2.5g×12P

商品コード : P000146
製造元 : 善光園
価格 : 567円(税込)
数量
 

自然界の恵みをたっぷり受け、たくさんの生き物に耕された大地に育まれたお茶「大地の命茶」。 農薬・化学肥料を使わず、土・水・太陽の自然の恵みで育った茶葉で作りました。増田の深蒸し製法は、お茶本来の香りを味わってもらうため、 通常の深蒸しより火入れを弱くしてあまり火香をつけないようにしています。茶葉の繊維がしっかりしているためすっきりとした後味です。 お茶殻の処理が簡単で、便利なティーバッグタイプ。急須のない家庭やオフィスなどの仕事場でも気軽に美味しいお茶が楽しめます。

成分、アレルギー等の詳細情報を見る

  • ORGANIC
  • MACROBIOTIC
  • LOCAL
商品詳細情報
商品コード P000146
内容量 2.5g×12P
原材料 有機緑茶(静岡県産)
保存方法 高温・多湿を避け、開封後は移り香にご注意下さい。
使用方法 湯のみやカップにティーバックを1袋入れて80度くらいのお湯を注ぎます。 30秒〜60秒置いてからティーバッグを上下に振って、お好みの濃さで取り出してお召し上がりください。
メーカー名 善光園
ブランド名 善光園
その他 ティーバッグの加工が有機認定されていないため有機JASマークはつきませんが、善光園の無農薬無化学肥料の「有機茶使用」のお茶になります。

STORY #001

無農薬栽培のきっかけ

善光園の増田さんが無農薬栽培を始めたキッカケは、農薬散布中に体調を崩して農薬の危険性を認識したことから。農薬散布をしていたある日に吐き気をもよおすことがあり、このままではいつか病気になるのではないか?と、あらためて農薬の怖さを体感。不安に襲われました。

実は、増田さんは、家業を引き継ぐ前は生協に7年程勤めていたそうです。ですから、もともと食品添加物や農薬の危険性を知り、食の大切さについての理解を深めていました。お茶の木は虫がつきやすいため、一般的な栽培では年に10回から20回程、農薬が散布されるのだとか。増田さんは、実際に自らがお茶栽培に取り組むようになり、農薬を使用する量がとても多いことにショックを受けます。

そんな体験から、やはりもっと自然に合った安全なものを作らなければ、自分と家族のためにも、もっと安全なものを作らなければ・・・と考えるようになり、農薬や化学肥料を使わないお茶の栽培に取り組むようになったのです。

善光園 増田さん

STORY #002

生き物と共存共栄

善光園さんの茶畑には、虫や鳥、小動物などのほかにも、猪が生息しているとのこと!茶畑では猪が土を掘ってタケノコを食べたような跡もあります。たくさんの生き物がここで共栄共存しているのですね。動物に畑が荒らされてしまう。葉っぱが虫に食われてしまうといったことがあっても、増田さんは気にしません。何故なら、「本物の茶づくりとは、すべての生きものに過剰な負荷をかけないものであり、生態系サイクルを崩さないもの」であると考えているからです。

私たちの考える本物の茶づくり
・すべての生きものに過剰な負担をかけないもの
・生態系サイクルを崩さないもの
・エネルギーが高く、病気もはねのける力があるもの

善光園の茶畑

そもそも植物は、人の力を借りなくても自分たちで生きていけるはずなんです。昔は化学肥料も農薬も無かったわけですから。自然の流れにむやみに逆らわず、農薬や化学肥料を使わないお茶づくりを5年、10年と続けていると、徐々に土にも変化が現れてきます。生き物が畑に戻ってくることで土壌に団粒構造が生まれ、空気を通しやすく水はけの良い、ふわふわと柔らかい土となっていきます。この良質な土壌にしっかりと根を張ったお茶の樹は、冬の間にしっかりと養分をたくわえ、4月の初旬頃にはみずみずしい新芽が芽吹きはじめるのです。

善光園のルール
1.畑に生えた草は外に持ち出さない
2.土の表層から変えるため土をおこさない
3.畑にあるもの、いるものは必要があって存在する。虫や病気も必要あって出てくる。むやみに追い出さない。
4.自然というものは、必ず地球にとってよい方向にむかっている。むやみに逆らわない。

◎畑にやってくる生きものたち
すずめ・ホトトギス・キジ・カラス・キツツキ・とんび・山バト・かえる・くも・みみず・カマキリ・てんとう虫・トカゲ・たぬき・うさぎ・ヘビ・カモシカ・いのしし

STORY #003

お茶のある暮らし

最近ではペットボトルのお茶が主流になり、急須で茶葉から入れる人はすっかり少なくなってしまいました。そもそも急須すら持っていない・・・という家庭も多くなってきています。それでも、香り豊かで力強い味わいのお茶が気軽に美味しくいただける、ティーバッグや粉末タイプなどの選択肢が増え、海外では緑茶人気が高まっています。本格的な味わいの日本のお茶を、日々の暮らしの中でもっと気軽に、もっと身近に感じてほしいですね。

大地の命茶 深蒸し煎茶(やぶきた)ティーバッグ

善光園のお茶は、農薬・化学肥料を使わず、土・水・太陽の自然の恵みで育った茶葉で作られています。自然界の恵みをたっぷり受け、たくさんの生き物に耕された大地に育まれたお茶「大地の命茶」。お茶本来の香りを味わってもらうため、 通常の深蒸しよりも火入れを弱くして、あまり火香をつけないようにしています。

ティーバッグタイプならお茶殻の処理も簡単!急須のない家庭やオフィスなどの仕事場でも気軽に美味しいお茶が楽しめますよ。

商品を購入する